薬の効果と副作用|うつ病を治療する薬をチェック|短時間で終わる自己診断ツール
男性

うつ病を治療する薬をチェック|短時間で終わる自己診断ツール

薬の効果と副作用

錠剤

一昔前までうつ病というのは明確な治療方法が無い病気だと考えられていました。そのため、薬の開発もなかなか着手することができなかったのです。しかし、近年は医療技術の進化によってこのような精神的病に効果的な薬が多数開発されているのです。うつ病に使用される抗うつ薬は1種類のみと、考えている人もいますが実は複数種類存在しているのです。これからの人生においてうつ病となってしまう場合もあるので、それぞれ薬が持つ効果や特徴について正しい認識をもっておくことが重要になってきます。治療に使用されるもので代表的となっているのが四環系抗うつ薬というタイプです。処方される際の名称としてはテトラミドやルジオミールとなっています。このタイプの主な働きとしては、体内で必要不可欠なノルアドレナリンの回復作用です。比較的後発のタイプとなっているので副作用も少なく、安心して利用出来るメリットがあります。

1つ古いタイプとして存在しているのが三環系抗うつ薬となっています。薬の名称としてはアナフラニールやトフラニール、トリプタノールなど代表的です。排尿障害や便秘、そして口の渇きなどの副作用が現れますが、ノルアドレナリンやセロトニンを大幅に回復させる働きを持っています。同じような副作用が現れる薬としてはセロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬というのが代表的となっています。別名ではSNRIです。4つ目に紹介するのは選択的セロトニン再取り込み阻害薬です。こちらの略名称はSSRIとなっています。睡眠や生体リズムを司るセロトニンの効果を活性化させる働きがあるのです。SSRIはうつ病の症状が中程度になった段階から効果があるとされています。

また、SSRIは他の薬と比較すると、副作用発生率も低くなっているのです。上記のような治療法と合わせて精神療法を活用することで治療速度をさらにあげることが可能となっています。精神療法は心療内科などで実施される特有の方法となっており、時間をしっかりとかけて繰り返し実践していくのがメインとなっています。ストレスの起因となる人間関係を克服するのが再発防止への鍵となっているのです。精神療法では臨床心理士とワンツーマンで行なう方法と、一人の臨床心理士に対して複数の患者が集まる集団精神療法が存在しています。最近では音楽やダンス、絵などの芸術を活用した精神療法も活用されるようになったので、こちらも行なうことで心と体の健康をいち早く取り戻せるのです。